金星期と依存の関係

20歳前後で依存してしまったものは

善いものでも、悪いものでもなかなか抜けません。

金星期は、感性の土台を作る時期でもあるので

後々、良かれ悪しかれその頃に身に付けた

感じ方に郷愁を感じるようになります。

何かに絶望して諦めたことや

その他の残念な気持ちであっても

ふと繰り返したくなったりするところがあるのです。

20歳前後は、まだまだやんちゃな頃でも

ありますから、その時は無茶をやって

楽しんでいるつもりであっても

その感性は、ずっと残ります。

月の年齢域に無差別に環境から影響を受けて

その人なりの見えない身体が出来ることと

訳が違って、金星期は、自分の意思で

選択が出来ますから、少しでも善いものを

選んだ方が絶対に得です。

厳密な意味での依存とは異なりますが、

自覚出来る気持ちの土台は、20歳前後で

作られて、その土台に依存して、

後々生きていくことになります。

せっかく選べるのですから、自分なりに

少しでも善いものにアプローチすることの

価値は計り知れないものがあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!