ホロスコープリーディングに必要な要素(アスペクト)

アスペクト(座相)とは、天体やその他の感受点が

作り出す相対的角度のことです。

アスペクトはメジャー・アスペクトと

マイナー・アスペクトに分かれます。

円の幾何学的分割から生まれたものです。

円を分割すると、起点・終点が同一の0度、

二分割の180度、三分割の120度、四分割の90度、

五分割の72度(あまり使われない)

六分割は60度です。

これらのうち72度を除く五種類が

メジャー・アスペクトです。

この角度が天体や感受点に影響を与えます。

アスペクトの種類によって天体や感受点の意味が

変わることはありませんが、影響の出方に

違いがあります。

sponsored link

10天体は私たち個人の内面にある十種類の

意識を表してます。

十種類のセンターだと思ってください。

ヨガでは人体に七種類のチャクラがあると

説明します。

七種類のセンターです。

古い占星術では土星までの7天体がこのチャクラに

対応していました。

ひとりの人間はひとつの個体ですが複数のセンターを

組み合わせ成立しています。

しかしアスペクトの働きがないとそれぞれの

センターは自分の役割にいわばひきこもった

ままなのです。

部品のまま動けない状態です。

例えば金星は愛と美を司りますが、

アスペクトが無いと愛情衝動のはけ口が

見つからないということになりかねません。

もし金星に水星とのアスペクトがあれば、

水星が淡々とメールや電話をするところを、

美意識を発揮してより豊かな文面や

会話になるでしょう。

金星にとっては美や愛の衝動を水星を

通じ発揮できるのです。

アスペクトは性格付けというよりも

どんなアクションを取るかが表れます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。