元夫に殺された女性の事件を通して将来のDVを考える

まず、今回の被害者である沢村明日香さんの

ご冥福をお祈りいたします。

愛媛県新居浜市の殺人事件ですが、離婚後の

事件のため被害者の旧姓が分かることで、

DVに繋がる一つの姓名判断の

パターンを学ぶことが出来ます。

姓名判断的には、離婚やトラブルになり易い

典型的な結婚後の名前の変化です。

sponsored link

ホロスコープを出さなくも、結婚後の

様子を窺うことが出来ます。

元夫の立川優輔容疑者は、人格20画

地格31画で、元妻の沢村明日香さんは、

外格30画で、地格は21画です。

独身同士であれば、それなりに相性が良かった

部分があることが窺えます。

問題は、結婚後沢村明日香さんは、立川姓であれば

総画が29画になります。

これは、もう典型的な夫と上手くいかなくなる

画数です。

しかも立川優輔容疑者は、39画で支配的ですから、

壮絶な主導権争いになります。

しかも被害者の元妻、沢村明日香さんの地格は

21画なので、元々男勝りなところがあるところに

総画が29画になると、お互いが元の名前に

0系列の数字を持つだけに最終戦争にまで

もつれ込むようなイメージになります。

所詮占い、されど占いです。

結婚前にちょっと確認してみて、「あれ」

という点があれば、少しその視点で落ちついて

見直してみるのもありかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!