月を破壊する冥王星とストレスと肌のコンディションやうつの関係

前回の美容と健康関連記事は、

心と身体がバラバラな時にアプローチ

すべきポイントです。

記事の記事に直接的な連続性はありませんが、

ホロスコープを通して美容と健康について

考えています。

sponsored link

慢性的な病や皮膚が汚くなって悩む人は、

第6ハウスの天体や月のコンディションを

チェックしてみて下さい。

月と冥王星のコンジャンクションやスクエア、

オポジションは、それぞれやり方は異なりますが、

冥王星が月を破壊してきます。

このようなタイプの人は、幼い頃であれば

月の亀裂から様々なものが侵入してくることで

落ち着かない不安な日々を過ごし易くなります。

月のハウスにもよりますが、霊的な悪影響を

受けたり、苛烈な虐待を受けたりと

安心感を打ち砕くような現象に小突き回される

ことになります。

生きていたいと思う様な状況ではないでしょう。

どちらにしろ、常に破壊され続ける月を

何かで再生し続けなければ、生きていくことが

おぼつかなくなります。

月と冥王星のそのようなアスペクトがあって

第6ハウスに天体があれば、その天体を通して

月が受けるストレスが噴出し易くなります。

金星がある人は、腎臓の働きが落ちるせいか

皮膚が過度に荒れたり、原因不明な神経痛で

体が上手く動かなくなります。

疲労困憊になっていくらでも眠ってしまうのです。

もっと直接的な腎臓の病気になる人は、

第8ハウスにある人です。

昔であれば死に至る病です。

sponsored link

また海王星がある人は、うつが酷くなって

危険を察知した周囲の人が入院を

させたりする場合もあります。

救いはないのか?という話になりますが、

月が繰り替えしの中で安定するように、

自分自身で自分を再生させ続ける行動を

構築して継続するしかありません。

長い年月はかかりますが、少しずつ余裕が

出てきます。、

しかし絶対にその行動を止めては

いけません。

月は日常生活ですから、ここで終わりという

世界ではなく、生きている限り続く日常です。

月自体が冥王星の影響を能動的に攻略することは

ありませんから、結局は月の苦しみや難儀を

少しでも楽にするように全体を通して考え

行動することになります。

望んだ努力ではないでしょうが、不思議な個性が

育ってきますから、それを愛することで

小さな死と再生のような不思議なリズムで

生きるような習慣が身に付くことで日常に

なっていきます。

関連記事の本当の恋をすると

美しくなる理由は、こちらです。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。