仙台市交番警察官刺殺事件について

大学生が交番勤務のおまわりさんを刺殺するという

不可解な事件が発生しました。

名前を一通り観てみると、ポイントは、人格の

28画で、この偏った行動力が、開放的な

外格の13画と相まって実行に移してしまったと

言えるのですが、このようなタイプで、

総画41画であれば、利益よりもプライドを

傷付けられた報復ということが考えられます。

sponsored link

殺害された清野裕彰巡査長は、33歳なので

同級生ではありません。

同じ地域で生活していれば接点がないとは

言えませんが、個人的な恨みは考え難くなります。

相澤悠太容疑者の天格と地格は土と土の五行なので

モヤモヤが溜まり易いタイプであることと、

地格15画の土性は、総画(体裁と考える)41画に

エネルギーを供給することにある種の限界を

感じていた可能性もあります。

相澤悠太容疑者の年齢から考えると地格が

良くても地格から総画という体裁や理想に

付いていけない自分(地格)に絶望する

場合もあります。

総画41画は木性ですから、地格が15画であれば

地格という相澤悠太容疑者自身の体力や能力を

あてにして、総画41画の高いプライドを満たす

という関係になります。

しかし、それを可能にするだけの能力も

体力もないという苛立ちが、暴発したのかも

知れませんが、総画41画は、計画性が

ありますから、発作的に思い付いたことではなく、

相澤悠太容疑者なりの犯行の理由があるはずです。

是非、警察の方々には、犯行の動機を

引き出して欲しいところです。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。