三田佳子さんを通して考える親の責任

三田佳子さんは、来年、喜寿を迎えますが

未だに高橋祐也容疑者の件で謝罪しています。

有名人だからと言えば、それまでですが、

それを差し引いて普通の親子として考えた場合、

社会的通念としては、親子間の扶養義務は

両親の介護を含めて、放棄すれば刑罰が

ありますから、法律的にもまったく無関係とは

言えなく、身内に何かあれば謝罪は

あってしかるべきでしょう。

sponsored link

そうなると問題になるのは、やはりそこにあるのは、

親子という形態の人間関係です。

親子関係が問題になるのは、他の人間関係と異なり

血縁による法的な義務や道義的責任が強く

求められるからです。

そのような観点で、三田佳子さんと高橋祐也容疑者の

相性を考えると、三田佳子さんの太陽と

高橋祐也容疑者の金星はスクエアですから、

三田佳子さんの援助に対して、感謝し難いというより

援助が実らない関係になる傾向が強くなります。

金星は、物質的な楽しみですから、

高橋祐也容疑者は、三田佳子さんの援助を

浪費という形で失ってしまい易いのです。

高橋祐也容疑者は、若い頃は特に

三田佳子さんの援助(小遣いを)違法なことに

使用していたので論外ですが、このような

タイプの人で、親から借財して経営や

起業に使用して成果が出なくても

あまり罪悪感を感じないパターンはあります。

三田佳子さんの旧姓から結婚後の姓名の変化を

見ると、総画43画の散在する運です。

高橋祐也容疑者は、その受け皿という

見方も出来ます。

sponsored link

三田佳子さんと夫である高橋康夫さんの

コンポジットが分かれば、高橋祐也容疑者の兄の

生年月日は分かるので、親の作り出すものを

高橋祐也容疑者がどのように引き継いだのか

分かるかも知れません。

どのような凶意を持った運勢や姓名でも

生かして成功している人もいます。

仙台市交番警察官刺殺事件の容疑者

姓名判断のバランスから考えると

20代、30代は暴発しそうなリスクがありますが、

そのような衝動をプロスポーツ等で発揮して

名声やお金に変えられる人もいます。

親子関係であれば、親の未消化な問題が

子供に表れないように親自身が自分の葛藤を

早目に見直せばこじれ難くなります。

このようなプロセスを引き受けてくれる

様々な団体がありますが、多額な金銭を

要求する団体は、近づかない方が良いでしょう。

葛藤の解決は、お金を主役にしても解決しません。

スーパーボランティアで有名になった方のように

あくまで本人の心の取り組みす。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。