人間関係から解放される世界

人間関係で苦しむ時の意識は、実を言うと

個人が頼りにしている能動的な資質です。

当たり前と言えば、当たり前過ぎることですが

この悩み苦しむ意識は、その意識の受け皿である

自分という存在についてほとんど何も

知りませんし、それどころかいつでも

健全に働き続けて当然と思っています。

ところが、歯が1本痛いだけで、意識が

当然と思っていた世界は亀裂が入るのです。

そして最終的には、寿命がきます。

sponsored link

私たちの意識は、便利な世の中を作りあげましたが、

意識が作り出すものは、一見、無限にあるように

見えても全てに価格がついています。

能動的で頼りになるはずの意識は、人間が

作り出したあらゆるものに絡めとられて

身動きが出来なくなるのです。

人間関係もその一つに過ぎません。

どこまで行っても逃げ道はないのです。

ところが、意識を支えている存在は、

開かれています。

開かれてどこかに繋がっていないと

命は簡単に尽きてしまうのです。

未だに名前も分からない無数の微生物も

私たちの身体や環境を支えています。

人間関係を筆頭に人間にまつわることで

疲れたら、くるっと向きを変えて

自分自身の中にある頼り無い部分に

目を向けてみて下さい。

そこに本当の自由があります。

これは、スピリチュアル的なことでも

哲学でもなく、足元にある盲点です。

これを意識してつかもうとする人は、

やはり苦しみを握ってしまいます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!