恋愛感情がないタイプの人

sponsored link

人を好きになるという気持ちが分からない

タイプの人、分かり難いタイプの人

に付いて書いています。

恋愛感情がないと言っても、好みの人に

プレゼントをしたりする場合もありますから

恋愛感情を上手く認知出来ない状態若しくは

好意と恋愛感情が上手く結び付かないといった

感じかも知れません。

恋愛感情は、主に金星で考えることが多いですが

金星は、異性の好みや愛され方の好みだけではなく

日常的な楽しみという側面があるので、恋愛を

しないからと言って金星が機能していない

ということではありません。

金星が機能しているということは、相手が

異性か同性かはともかく、人を好きになる

可能性もあるのです。

ところが、人を好きになるという気持ちが

分からないタイプの人やそのような気持ちに

自信が持てないタイプの人は、好きと言う気持ちと

愛情を結ぶラインが途切れているような状態に

なっています。

金星と月のエネルギーの間のエネルギーのやり取りが

滞ると好きという気持ちは、恋愛の好きも

食べ物の好きも差があまり感じられないのです。

sponsored link

ダリの絵が好きという気持ちと誰かを好きとという

気持ちの間の区別が付きがたいのです。

金星が好きのアンテナであれば、月はそれを

感じた内容を愛情に置き替える役割です。

これは、どのサインがどうという問題ではなく

どのサインの月であれ、その月のコンディションや

金星のサインとの関係性もあります。

この関係性とは、アスペクトの有無ではありません。

視覚化された図で言えば、生命の樹の中で

斜めに繋がる月と金星です。

月がしっかりと働かないと人は、人以外の

別のものに自分自身の基盤を求めます。

それは、仕事や他の趣味かも知れません。

性的なエネルギーも関わるので、口外し難い活動に

自分らしさを見出す人もいます。

月が落ち着く世界次第で、その人の人生は

かなり変わっていくのです。

ただし、月と金星だけが強く繋がると

幼稚になり易くなります。

この幼稚さは、悪ではありません。

幼稚園児であっても、「誰々ちゃんのこと好き」

と自分の気持ちを感じられます。

つまり、月と金星のラインが不調和をきたすと

人を好きになる気持ちが分からない人に

なってしまうのです。

このような感じ方の改善は、月に関する記憶を

掘り下げていく必要がありますが、記憶と

言っても無意識レベルなので、なかなか

取り出せるものではありません。

イマジネーションを駆使してイメージで

取り出すことになります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!