苦しい家庭環境と第4ハウス天王星の離反作用

第10ハウス冥王星と第4ハウス冥王星は、

セット考えるべき家族問題

でも取りあげましたが、大変な家庭環境から

逃れられる人とそうでない人の差で

最も簡単なものは、同じ第4ハウスに

天王星があるかどうかです。

sponsored link

ここに天王星があるとタイミングがあった時に

実家から飛び出すことが多くなります。

天王星の離反作用を使って飛び出すわけですが、

これは気を付けないと自分が家庭を持った時も

飛び出してしまう傾向を持つことになります。

万人に日光が注ぎ雨が降るように、天体の影響を

受けるので平等に考えれば天王星の離反作用も

諸刃の剣です。

ただし、星の影響とそれを受け取る人の間には、

人の想念があります。

影響は受けますが、それをそのまま表現する必要は

ないのです。

旅行回数を増やしたり、ユニークな家庭環境を

作り出したりすることで大4ハウス天王星の作用を

生かすことが出来ます。

他の天体の場合も直接的な影響の解釈を考えて

落ち込んだり喜ぶのは、早計です。

星の影響にいかに上手く乗るかが、その人の

個性の出るところです。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!