アンチバーテクスを通して考える殺意

「自分を大切にしてくれない」のカテゴリーです。

アンチ・バーテクスは集団性から押しつけられる

個人の使命と書きましたが、この集団から

押し付けられるというプレッシャーは、

かなりのものがあります。

その内容によって、表れ方は様々で理解のし易い例も

それぞれのタイプの人によって親和性は異なりますが、

そのアンチ・バーテクスを要請されることで

殺意すら感じるのが、サビアン度数

牡牛座24度になるアンチ・バーテクスです。

sponsored link

これは、生存本能にダイレクトに届くものなので

他人からの要求に必死になって応えないと

いけないと無意識に迫られるのです。

無意識と言っても、本人はそのプレッシャーを

感じていて、月の無意識のように感覚がない

わけではありません。

他人は、それほど強く求めていないのに

無理なら応じてくれなくても良い程度なのに

全力でその要請に従わねばならないように

感じるのです。

太陽サインが牡牛座であれば、要請されているように

感じた時点で殺意のレベルで怒りを感じます。

他の地のサインは、その次のレベルです。

風のサインであれば、その衝動性を回避しますが、

最終的には、怒りは爆発します。

どのようなサインでもサビアン度数24度は、

そのサインの完成された資質に拍車がかかる度数で

やり過ぎるというか、過剰さが表れます。

その中でも牡牛座は、殺意に近いかも知れません

sponsored link
コメントの入力は終了しました。