金星を通して考える山下智久さんの赤い糸

山下智久さんの赤い糸に付いて書いています。

山下智久さんは、男性なので金星は自分の好みです。

山下智久さんの金星は、水星のコンジャンクション

月とトラインのアスペクトがあります。

これらのコンビネーションが、現実の女性に

投影されることで山下智久さんの好みになります。

sponsored link

山下智久さんは、金星のサビアン度数の内容は

サビアン度数牡羊座11度で勝ち負けに

こだわるタイプの人で、周囲の人にも

負けたくない気持ちが強く、自分を中心に

上下関係を作りたがります。

これは、性格が悪いからではなく、自分探しが

重要な牡羊座は、この度数ではまだ他人と

比較することでしか自分を確認出来ません。

この度数に金星があると、勝ち負けを気にし過ぎて

好きな人であっても、振り回しがちです。

山下智久さんは、この金星と射手座の月が

トラインなので、恋愛の好みと妻となる女性に

対してギャップを感じることが少なく

結婚生活は穏やかなものになり易いです。

金星や月のサビアン度数の内容は、金星が

牡羊座で勝気なところで勝ち負けにこだわり

月の射手座は向上心の強いサビアン度数

射手座9度なので夫婦仲は良いですが

アクティブな女性が好みです。

この金星には、水星もコンジャンクションなので、

自分自身の魅力を他人に伝えることは得意です。

山下智久さんの金星は、月とトラインなので、

作らなくてもサービス精神もあります。

基本的に恵まれた赤い糸の持ち主です。

金星が関わる天体が全て火のサインなので

基本的にアクティブな女性に縁があります。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!