生きることが苦しい人ほど赤い糸は、大切です

自分を大切にしてくれないのカテゴリーですが、

自分を大切にすることと赤い糸の関係に

ついて書かれている記事です。

sponsored link

スクエアが作り出す愛情地獄を救済するヒント

スクエアが作り出す愛情地獄を現実的に生かす視点

に、愛情対する感じ方の難しさを書きました。

一言で言えば、依存心を満たす難しさが

生み出す悲劇です。

生きることが辛い根本的な理由は、愛されるために

幼い甘え心を自分自身で押し潰して、周囲の

環境に適応しようとするからです。

スピリチュアル的な視点で見れば、それは、

幼い屍を背負いながら、抱きかかえながら

走り回る姿です。

では、もっと自分に鞭打って依存心を

無くしてしまえば良いのかと言えば

それは違います。

生きることが、どうしようもなく辛くなる理由は

最終的に生きることを諦めたくなる理由は、

人に甘えることが出来ないからです。

誰にも依存できないからです。

このような性質のまま、努力を重ねると

次第に身体から気持ちが剥がれ落ちていきます。

身体感覚が失せていく人もいるでしょうし、

気持ちが感じられなくなって苦しむ人も

いるでしょう。

sponsored link

地上に留まることが苦痛になるのは、

あの世に誘われているような気分になるのは、

そういうことです。

身体と気持ちがぴったりと張り付いていると

現実は、かなりリアリティがあります。

喜びは内臓を駆け抜けて、悲しみすらも

そのスパイスになります。

身体と気持ちのどちらが主体になり得るかは、

鶏と卵の関係と同じで、その人の年齢や状況で

いくらでも変わります。

赤い糸に付いて書く理由は、依存心は

満たされるべきものだからです。

そして、それを親以外の人を通して満たすことは、

至難の業だからです。

生きるかどうか悩んでいる人ほど

赤い糸について真剣に考える価値はあります。

何事も絶対はありませんし、時と場合によって

何が報われるべきかは、異なりますが、

対等な関係で満たし合うためには、やはり

月の相性は大切です。

もちろんですが、それが全ての愛の扉を

開くわけでも幸福を保証するわけではありませんが、

基本みたいなものです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!