占星術を使って幸せになる方法

幸せになるために占星術を使うためには、

一つだけコツがあります。

天体のサインや度数、アスペクト、その他の

様々なポイントに対しても、占星術の解釈を

そのまま当てはめないことです。

何それ?と思われるかも知れませんが、本当です。

sponsored link

占星術に限らず、成功術にしても、教育方法にしても

それをそのまま適用すれば、単なる心の切断です。

幸福になるどころか、怪我をするだけです。

悪い血を流して綺麗な血を作るために

身体を傷付けるというような変な理屈に

似たようなことになります。

自分を占うにしても解釈を当てはめるのではなく

真剣に考えることに価値があるのです。

占星術は自分のことを考える一つの方法に

過ぎません。

もっと良い手段や好きなやり方があれば、それを

使って考えれば良いだけです。

自分自身に他人の考えを押し付けても

何も良いことはありません。

考える時に伴う心の動きやエネルギーに

価値があります。

誰かに占ってもらった時に、その人が自分で

考えずに持っている知識で、その人を

切り分けるように判断するだけならどうでしょう。

相手がどれくらい考えてくれたかは伝わります。

それは癒しもなれば、怖いことでもありますが、

そのようなものでないと何も動きません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。