葛藤が多いタイプの人にお勧めの幸運のアプローチ方法

葛藤が多い環境で育った人ほど幸せになって

欲しいと思っていつも記事を書いています。

葛藤が多いと自分自身が成功の入り口に

立っていることに気が付き難い傾向があります。

頑張って、頑張って、赤い糸に叶う人が

目の前にいたとしても、細かいことを

気にしたり、自分の弱点を否定的に考えて

好きな人の目の前を通り過ぎていきます。

sponsored link

葛藤と書いてしまえば一言ですが、葛藤は

自分の様々な感覚を奪っていきます。

赤い糸だけでなく、金運にしても、仕事運でも

自分というものがはっきりと感じられなければ

目の前に存在しても確信が持てないのです。

確信が持てた頃には、それらのものは全て

目の前から消えています。

葛藤が多過ぎる場合、強過ぎる場合は、

まるで流れていく遠い記憶を見て過ごすような

人生になってしまいます。

では、全ての葛藤を解決しなければ

様々な幸せのスタート地点に立てないのかと言えば

それは違います。

葛藤が強過ぎれば、自分の身体であっても

自分のものと感じ難いかも知れません。

それでも幸せになりたいと意思があるならば、

人は、前に進むことが出来ます。

占星術的な視点で言えば、葛藤が強過ぎる

タイプの人は、まずは一番幸せに貢献してくれる

部分からアプローチすることが幸運の

早道になります。

簡単に言えば、天体が集中しているハウスから

取り組むということですが、ホロスコープを

しっかりと観て自分自身のメインとなる部分を

探すことがポイントです。

sponsored link

以前書いたタイプ別の主観的第10ハウスと

同じ考え方です。

葛藤が多かったり、強いと「感じる力」が

弱まっていますから、考えることが頼りになります。

しかし、考える力は、感じる力と比較すると

一度に取り組める量はあまりにも少ないのです。

ですから、幸運の効率の良いポイントに対して

取り組む必要があります。

感じることが出来れば面倒臭くないことも

考えて動くのは大変です。

幸運は、生き物ですからフォローしないと

あっという間に駄目になってしまいます。

そのような点からも自分自身のメインとなる

部分に絞って幸運を狙うのです。

上手くいくことが増えて自信が増していけば

もつれていた葛藤も少しずつ減っていきます。

そしてある日、大きな葛藤が一つ、また一つと

消失していくと急速に運が良くなっていきます。

このように書くと一気に全てが変わるような

感じがしますが、様々な種類の期間を

多層的に繰り返しながら、丁寧に幸せになる

プロセスを進んでいきます。

葛藤が多いことで感じる力を頼りに出来ず

考えることで何とかしようとすると色々と

難しく感じるかも知れませんが、その難しさは

感じる力が弱まっているが故のとっかかりです。

赤い糸でも、仕事運でも金運でも

ホロスコープを通してスタート地点を

探すこともありです。

スタート地点は、完全でも万能でもありません。

自分で自分を幸運体質に育てるのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!