12サイン別、アセンダントとディセンダントで考える人間関係

アセンダントは、生まれた時の自分といった

感じですが、ディセンダントは、自分が関わる

タイプの人を表しています。

アセンダントという自分が、どのような他人

(ディセンダント)人間関係が発生し易いかを

考えることが出来ます。

詳細は、サビアン度数や他の天体との

アスペクトを考慮して下さい

アセンダントが牡羊座の場合は、

ディセンダントは、牡羊座です。

イメージとしては、自分のリズムや感性で

アクティブに行動するタイプ人が、

他人の意見を聞くように求める人間関係の中に

飛び込んでいくような感じです。

アセンダントが牡牛座の場合は、

ディセンダントは、蠍座です。

イメージとしては自分の資質に沿って一人で

根気よく努力を重ねるタイプの人が、

他人との繋がりを求めてくる人たちに

迫られるような感じです。

アセンダントが双子座の場合は、

ディセンダントは、射手座です。

イメージとしては好奇心の赴くままに、自分の

能力を伸ばそうとする人が、個人から離れて

集団の中に飛び込んでいくような感じです。

アセンダントが蟹座の場合は、

ディセンダントは、山羊座です。

イメージとしては、気の合う人とだけ仲良く

していた人が、社会的な立場に価値をおく人たちと

付き合っていくことになる感じです。

アセンダントが獅子座の場合は、

ディセンダントは、水瓶座です。

イメージとしては、自己表現をすることに

生き甲斐を感じる人が、他人の表現に対して

客観的に評価する人たちの中に飛び込んで

いくような感じです。

sponsored link

アセンダントが乙女座の場合は、

ディセンダントは、魚座です。

イメージとしては、個人としての役割を明確に

しておきたい人が、理屈で説明出来ない様な

曖昧な状態で生きる人たちの中と

付き合っていくような感じです。

アセンダントが天秤座の場合は、

ディセンダントは、牡羊座です。

イメージとしては、開かれた態度で他人と

接する人が、強引に割り込んで来るタイプの人と

付き合うような感じです。

アセンダントが蠍座の場合は、

ディセンダントは、牡牛座です。

イメージとしては、誰かと一体化して新しい自分を

生み出すことが目的の人が、自分の資質を磨くことに

集中しているたちと接しているような感じです。

そのような生き方をしている人たちの中で

自分を孤独に感じるのか、ゆとりある生き方だと

感じて真似してみるのかは、人それぞれです。

アセンダントが射手座の場合は、

ディセンダントは双子座です。

イメージとしては、抽象的な精神性を追い求める人が

あくまでも個人の関心事をエゴイスティックに

追及するタイプの人たちの中に飛び込んで

いくような感じです。

精神性の欠けた人を嫌うこともあるでしょうし

その逞しさを見習うこともあるでしょう。

sponsored link

アセンダントが山羊座の場合は、

ディセンダントは、蟹座です。

イメージとしては、社会的な立場を最優先する人が

人としての気持ちを重視する姿勢を持つ人と

関わっていく感じです。

アセンダントが水瓶座の場合は、

ディセンダントは獅子座です。

イメージとしては、個人のエゴを排除しようと

務めてきた人が、自分の気持ちを丸出しで

生きている人たちと付き合うような感じです。

どのアセンダントの場合もそうですが、

不慣れな間は、嫌悪感を感じますし、

真に自分自身を見詰めれば、学ぶ要素を

見出します。

アセンダントが魚座の場合は、

ディセンダントは、乙女座です。

イメージとしては、言語化出来ない感性を

重視して生きている人が、徹適的に理屈通りに

したがる人たちと付き合うことになります。

また、他人との境界線の曖昧な人が

他人と自分をきっちりと区別したがるタイプの人と

付き合うことになります。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。