第4ハウス火星牡羊座の破産理由とギャンブル依存症の関係

第4ハウス火星牡羊座の破産理由と

ギャンブル依存症の関係に付いて書いています。

逆行金星なので、金銭問題の見直しも

適しているので取り上げてみました。

sponsored link

破産した人のお話を聞いていると、その理由の

一つに身内がうるさくて、実家を出たために

敷金、礼金、家賃等が予定外の出費になったという

ちょと首をかしげたくなるようなことを、真面目な

表情で話されるので、ホロスコープをよく見ると

第4ハウスに牡羊座の火星があります。

この方の本当の破産理由は、ギャンブル依存症

なのですが、しきりに実家が落ち着かないという

話をするのです。

牡羊座の火星は、一番、火星らしい火星なのですが

それが第4ハウスという家庭にあると考えると

コントロール不可能な粗削りな行動力が家の中で

暴れていることになります。

家庭内暴力をするようなタイプでも、そのような

年齢でもない方だったので、その衝動が

落ち着かない気分となって、普通の人には

想像し辛いストレスになっていたのでしょう。

他の要因もありますが、第4ハウスの牡羊座火星が

エネルギー源となっているからこそ、全ての預金を

使い果たし、尚且つ限界まで借入を続け、返済も

出来なくなったという流れでしょう。

ご本人は、本当のことを分かって欲しいと

無意識に思うからこそ、実家が落ち着かないという

普通に聞いたら、謎に満ちた理由を語り

続けたのでしょう。

sponsored link

火星らしい火星であってもハウスによっては、

エネルギーの発散方法を考えないと、かえって

身を滅ぼすということになります。

金星が逆行している時期なので、金銭的な面も

見直す良いチャンスです。

ある種の行動が止められない場合は、行動を司る

火星のコンディションを見ると何かしらヒントが

あるかも知れません。

火星は適切に発散されないと、攻撃性が内側に

向かって鬱っぽくなる場合も多々あります。

そのような状態になると、自分の行動を

コントロールすることは非常に難しく、その人の

望みとは無関係に、本来の着地点まで、

引きずり降ろされてしまいます。

普通の状態では、見栄やプライド、様々なもので

上げ底になっていますが、それも含めて人間です。

何かしら必要なメッセージと出会うために

丸裸になってしまうのでしょうが、出来れば

避けたいところです。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!