綾瀬はるかさんと石原さとみさんに学ぶ成功するための行動パターン

どんなに良いことを考えていても実行しなければ

幸運を具体化することは出来ませんし、自分の

アイデアではなくても真似ることで、成果を

生み出せる部分は多々あります。

学習のほとんどは、真似ることと言っても

過言ではありません。

では、真似れば何もかも上手くいくのかと言えば

それは取り扱う分野にもよりますし、幸福感等の

主観的なものは、それぞれのキャラクターを

土台にしているので一概には言えません。

それでも全ては真似ることから始まります。

真似ることが出来るのは、行動部分です。

sponsored link

綾瀬はるかさんも石原さとみさんもアウトプット

するための火星に木星のアスペクトがあります。

火星と木星のアスペクトは、行動力と社会的な

幸運が絡むので成果が出易い側面があります。

さほど深刻なアスペクトではないので、

太陽と月のアスペクトのように、スクエアでも

無いよりもあった方が良いかも知れません。

綾瀬はるかさんの火星は木性とスクエアで

乗りの良い行動力が生まれますが、スクエアなので

見切り発車的でもあります。

「えーい、やっちゃえ」と言った感じです。

石原さとみさんの火星は、木星とコンジャンクション

なので、行動と流行がタイミングが

合い易いタイプです。

幸運に対する行動力があったとして、これを

どのように生かすかが大切になります。

他人にマネジメントしてもらうという発想も

ありますが、個人単位で考えます。

綾瀬はるかさんの火星と木星はアスペクトは、

粗削りなスクエアですが、火星、木星、

冥王星でTスクエアを作っています。

これは、自分が定めた目標に徹底的に取り組む

コンビネーションです。

自分自身の行動をスクエアで駄目だししながら

最終的に納得出来るものに仕上げることが

出来ます。

義母と娘のブルースでも素晴らしい演技を

されていましたが、自分で自分を客観的に

見て考えられるからこそ様々な役柄をに

対応出来るのだと思われます。

sponsored link

石原さとみさんは、火星と木星の幸運体質の部分に

土星がスクエアで絡んでくるので、不安定さを

抑えるためにどうしても決まった形になることで

安定しようとします。

これは悪いことではなくて物事の結論や

落としどころは土星で考えますから

火星の着地点が安定しているという

言い方も出来ます。

火星の行動の終着点がすでに決まっているのです。

石原さとみさんは、火星と木星のアスペクトに

天王星も絡むので、自分の型を持ちながら

変化に対応するタイプになります。

誰もが火星と木星のアスペクトのアスペクトが

あるわけではありませんが、火星は社会的に

活躍するための天体であり、これがない人は

いませんし、火星を使って社会に貢献したり

生活に必要なものを得るのは、皆同じですから、

このアスペクトの有無は、積極性の強弱であって

行動パターンとしては必須です。

その行動を自分自身で駄目だししながら

徹底的に納得できるものを作り出す

綾瀬さんはるかさんタイプを選ぶのか、

自分の王道パターンを磨いて様々なチャンスに

挑戦する石原さとみさんパターンを

選択するのかは、好みによるところです。

綾瀬はるかさんや石原さとみさんは、そのような

アスペクトが行動パターンとして自分の性格に

ありますが、そうでない人は、学んで真似るので

好きなやり方を真似ることが出来ます。

綾瀬はるかさんの自分で自分に駄目出しをする

客観的な視点を持つスタイルは、かなり厳しい

ものがありませんが、研究熱心な人には

向いているでしょうし、勇気がある人向けです。

チャレンジャーなタイプの人に向いています。

石原さとみさんのように自分の形でもって

対応するタイプは、個性が強くなくても

努力で身につけていくことが出来ますし、

割と万人向けですし、安心感を優先したい

タイプの人に向いています。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。