今年のMCまで、新月は後2回です

今年の牡牛座の新月から育て始めた

金運や仕事運は、育っているでしょうか。

早いもので、2018年も締めに向かって

最終コーナーを通過しています。

占星術は、MCが頂点なので、12月22日で

一応ゴールです。

sponsored link

ちなみに12月23日は満月です。

10月9日が天秤座の新月でした。

11月8日は、蠍座の新月になります。

12月は7日は射手座の新月です。

つまり、後、2回新月を迎えたら、今年の成果を

計るタイミングが来るということです。

人間の寿命には限りがあるので、必ず時間的制約

締め切りがあります。

金運と聞いてどのような印象を持つのかは、

人それぞれですが、一生懸命に仕事が出来る期間は

限られています。

恋愛運もそうです。

やはり金星期を逃すと、また感動の質が異なります。

基本的な愛情運が幼児さんの時に身に付くように

何にでも締め切りがあります。

今年の成果は今年にまとめることで、次の課題も

見えてきます。

時間は点の連続ですが、人が経験として

把握するにはまとまった量が必要です。

そう考えると、後、新月2回で今年の総決算

というのはどこかで意識していても

良いかも知れません。

1年は意外と早いものですから、ライフワークに

なるような個人的な関心をコツコツと掘り下げる

テーマがあると、短い時間軸と一生の時間軸を

比べ易いと思います。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。