自分にあった生き方と親子の相性

親子関係を占っていつも感じることは、

欲しいものも、必要なものも

人それぞれなのに、親子の相性で

歪められることが非常に多いということです。

子供が愛情を得るために自分を偽ることは

致し方ないことですが、生きることが

苦しくなったり、違和感を感じるのであれば

どこかで、修正する必要があります。

これは、親が悪いとか本人がどうとか

そんな問題ではなく、より幸せになるために

当然のことです。

幸せになろうとしている試みを、様々な理由で

否定したりすることは悪です。

そのような妨害に対しては、断固たる態度で

望むべきですし、そうでなければ自立することは

出来ません。

欲が少ない人もいれば、多い人もいますが、

そんなことはどうだって構わないのです。

自分に合った生き方が分かれば、自信を持って

それに取り組めば良いだけです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。