恋愛トラブルでパニックになり易いタイプ

長く付き合っていた彼氏や夫が浮気をした時に

深刻な行動を取るタイプの女性がいます。

最初に断っておきますが、これは恋愛運が

悪いということは違う問題です。

これだけが原因ではありませんが、目立つのは

土星と海王星のスクエアです。

sponsored link

このアスペクトがあると父親に対して幻想を

抱いている場合が多く、それがハプニング的な

行動の温床になっています。

幻想は美しい場合、醜くい場合と様々ですが

実際の父親をありのままに見ていないことは

確かかも知れません。

実際の父親とその幻想の間を繋ぐ存在として

恋人や夫がいるといった印象になります。

ですから、既婚、未婚問わずに、パートナーのように

感じている存在が裏切ると自殺を図ろうとしたり、

宗教法人の施設に逃げ出す場合もあります。

土星という父親のイメージが、行き場を失って

現実的でない選択、異次元のあらぬ方向へ

走り出していくのです。

客観的に見れば、自殺未遂や行方不明の状態です。

sponsored link

太陽サインの状態によっては、自殺未遂の半分は

気持ちのトリップで、半分は自分側に気を引こうとする

意図がある場合もあるでしょう。

宗教法人の施設に逃げることは驚きでも、しばらく

友人の家を泊まって帰ってこないパターンや

実家に帰ってしまうことはありがちです。

海王星のイメージに避難する際の適切な行動を

選択しているのです。

土星という父親のイメージ、土星というあらゆる行動の

結末が海王星的な世界に飛び込んでいきます。

本来、夫は太陽、恋人は能動的に愛せば火星であり

受け身の時は金星にコンディションが表れるものですが、

自分自身の行動の帰結となる土星の不安定な部分を

愛に期待するのは、当然なことです。

誰でも愛が自分の抱えている問題を解決してくれる

救いのように思う傾向があります。

これを否定すると、なかなか深い仲になれるものでは

ありません。

愛における必然性の問題です。

自分の弱さと切り離して誰かを愛するのは理想的ですが

人間は神様ではありません。

どちらが正しいということではなく、あくまでも

バランスの問題です。

このバランスが崩れた時に現実からトリップし易いのが

土星と海王星のスクエアを持っているタイプの人です。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。