調子が悪い時の乗り切る方法

調子が良い時は、誰でも良い結果が出せますが

問題は調子が悪い時です。

調子が良い時というのは、少ないものです。

それでも好不調を実感してしまう差は

存在します。

本当に調子が悪ければ、身動きが取れません

から、それなりに動けている状態であれば

自分自身が乗れていない時期を調子悪く

感じていることになります。

特に仕事は調子でやるものではなく、

基本的な手順や自分自身の引き出し等を

組み合わせて、臨機応変に行うものです。

気分が乗らない時は、そのようなパターンを

再確認してコツコツと実行していくしかありません。

調子が悪くて食事が出来ないような状態は

健康に問題がありますから、精神論で乗り切らずに

あくまでも適切な行動パターンを実行することが

大切なポイントです。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。