適度な不安の役割

心の傷が生む犠牲や不運のコントロール方法

のような記事を書いたりしていますが、

人の気持ちが整っていくには、ある程度

不安定な気持ちを経験しなければ、

良い方向に変わっていったり、自分自身の

潜在的な資質を発揮することは

難しい部分があります。

sponsored link

不安定な状態のまま、どこまで耐えて頑張り

続ければ良いのかは、かなり個人差がありますから、

一般論として書けるものではありません。

燃え尽きても駄目ですし、現状に揺らぎがなければ

成長の芽も出て来れません。

一番簡単な見方は、土星のサビアン度数の強さ

かも知れません。

ずっと活躍される有名人の方にも、そのような

傾向がありますが、息の長い人は、土星が

しっかりしている方々が多いです。

一般の方でも最終的に自分の望む形に

粘ってもっていけるタイプの人は、土星の

サビアン度数が後半である場合が多々あります。

もちろん、これだけで決まるものでは

ありませんし、トランジットの配置次第では、

普段よりもストレスが増している場合もあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。