誰かの一番になれる女性とそうでない女性の違い

sponsored link

せっかく鑑定してもらって、その内容が

適切で自分でも納得出来たとしても、

その内容を生かせない人は、心が

満たされていないことが原因です。

別に占いだけに限った話ではなく、自分の

様々な長所を生かして好みのイメージに

叶った生き方をするにしても、まずは

心が満たされていないと何も始まりません。

何かを達成したり、何らかの条件が揃うから

心が満たされるわけではないのです。

付き合う相手が立派だから満たされる

wわけではありません。

そのようなスタンスに立つと、次から次に

目移りしますし、永久に嫉妬に

苦しめられることになります。

それではまるで無限地獄です。

心が満たされた状態を保つ方法は、

肌のケアと似ています。

自分の肌が敏感肌なのか、乾燥肌なのかで

良いコンディションに持っていく方法が

異なるように自分の良さを理解しつつ

適切なフォローを繰り返すことです。

やけになって無茶をしたりすれば、

肌が荒れるのと同じで嫉妬の嵐と

自己嫌悪です。

自分自身の長所を徹底的に拾い出して

あの手この手で肯定的に捉え直していくのが

一番の早道です。

そのような努力を寂しいと思うかも知れませんが、

自己肯定感が弱いと次の幸運がやって来ません。

自己肯定感が弱いということを言いかえれば

あまり自分が好きではないということです。

満たされた感覚を持っているタイプにとって

そのような感触は、自明のものであって

特別なものではありません。

なぜなら親子関係の中で作られるものだからです。

愛情、美しさ、ステイタス何でも構いませんが、

肯定感が良いスパイラルに入るまでは

自助努力のみです。

sponsored link

自分を好きな人が楽しそうにしているのは

リア充に見えますが、そうでない人が

無理している姿は、一目瞭然です。

デートに部屋着で行く人はいません。

お洒落をして会いにいくから、綺麗だとか

可愛いなとか思われるのと同じです。

自分自身の長所を自分で肯定することは

決して寂しいことではありません。

誰かに認めてもらえるまでのプロセスです。

誰かの一番になれる女性は、一番になれる

相手を選んでいます。

これは理屈でも言葉遊びでもありません。

本来、親子関係で満たされるべきものを

異性に求めると、どうしても同じような

関係性を再現したり、愛情関係のパートナー

としてよりも、違った観点で相手を

選んでしまうので、そもそもが、自分だけを

見てくれる相手を選んでいないのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!