感受点を使って今必要な幸運の鍵を取り出す方法

sponsored link

感受点を使って、今を占う視点について

書いています。

ホロスコープを読む時は、ちゃんと考えて

その内容を確かめるわけですが、人は、

生身というか、生きている存在です。

しかも、様々な影響を受けて、今まさに

この1秒を生きています。

陸上の100メートルであれば、1秒以下の

タイムを争っています。

命懸けで、1秒以下の時間を短縮しようと

しているのです。

そのような時間を作り出すのに、何年も

陸上競技に打ち込みます。

重大事故も一瞬の判断ミスの場合もあります。

ホロスコープを見ながら占っても、このような

1秒以下の世界を考えることは出来ませんが、

自分のホロスコープの天体やその他の感受点の

サビアン度数等を覚えていると、今、感じている

ことと、それらの感受点の性質を関連付けて

自分なりに意味を取り出すことが出来ます。

これをある程度連続させれば、イマジネーション

として、自律的に動き出す場合もあります。

そうなるとビジョンです。

このビジョンは、その人の幸運の鍵です。

感受点のサビアン度数と書きましたが、

12サイン別、サインの潜在的な力のように

ある程度の幅を持って感じることが出来ます。

潜在的な力の記事は、マックスの状態を

イメージしていますが、日常生活であれば

生まれ時間から出せるサビアン度数が属する

5度分割のグループぐらいを抑えておけば

十分のように思います。

少し長期間に渡って影響が出そうなことなら

普通にホロスコープを読めば良いだけです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。