何歳になっても結婚運を高める視点(20代前半までとそれ以降の違い)

その人の適応する力は、自分自身の中心を

どれくらいずらすことが出来るかという

ことになります。

パッと世に出て来るような人たちの中で

一部のタイプの人たちは、特定のハウスに

天体が集中していたりすることがありますが、

そうなると当たれば良いですが、

そうでなければ融通が利かないことに

なりがちです。

sponsored link

そうは言っても、一つのサインに天体が

集中していても、そのサインの内容を

分割すればかなりの範囲を生きることは

出来ますから、やはり他人や外の環境ではなく

自分自身の中心とするものを巧みに

移動させることが効率的です。

これは妥協ではなく、目的地に進むために

欲しいもの、必要なものを手に入れるために

自分自身を最適化するということです。

結婚運も同じです。

特定の個人の中だけで考えても、あらゆる年齢の

楽しみを同じことだけで満たすのは不可能です。

年齢とともに楽しいことは変化しますし、

気分でもやりたいことは変わります。

このように普段は、無意識に自分自身の

中心となる感覚を動かしているのに、何故

恋愛運や結婚に必要な気持ちと考える時になると

何か特定の答えがあるように考えてしまうのか

そこに恋愛運や結婚運の差が出ます。

仕事でも愛情でも運の良い人は、臨機応変です。

一つの姿勢に凝り固まっていません。

今、この瞬間に必要な幸運の鍵について

書いたのは、占星術を用いた自在性への

アプローチ方法だからです。

一つの答えがあるように思うのは、一つの方法

しかないように思えて死んでしまうことの

表裏一体です。

sponsored link

依存できる何か、誰かを求める気持ちが

作り出す期待感です。

何歳であっても、愛されるためには

愛するためには、自分の中心を適切に

移動させる自在性が必要なのは、すでに

パートナーがいる人も同じです。

どちらかが、いつまでも10代や20代の

気分でいたら、溝が出来てしまいます。

やはり共に成長するからこそ、出会った頃に

近いバランスをキープ出来るのです。

20代前半までとそれ以降と違ってくるのは

20代前半までならば、限りなく集約されていた

愛がそれ以降になるに従って少しずつ

分散していくだけです。

それは適応する範囲が広がったことを意味します。

広がった分だけ悩むかも知れませんが、

覚悟を決めて決断することです。

年齢と共に得られるものの種類は異なりますから

それを考慮して判断すれば、そうそう間違えません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。