監視する恋人と別れるかどうかの判断の仕方の一つ

監視する恋人と別れるかどうかの判断の仕方の

一つに付いて書いています。

子供を囚人のように監視する親に育てられた人が

いたら、親の火星のアスペクトを確認して下さい。

土星とコンジャンクションになっている

可能性があります。

本来ならば、このアスペクトを持っている人が

監視される立場なのですが、親自身の被支配感を

子供にぶつけてくるのです。

sponsored link

自分自身がいつも何かに縛られて苦しいのは、

子供のせいだという構図を自分の中に

作りあげているのです。

それは、子供に対しては子供がさぼるから、

悪いことをするから、指導しているという

認識で行っているつもりなのですが、自分自身の

葛藤を手近な弱者で解決しているだけです。

このアスペクトは、恋人や妻を監視するタイプにも

ありがちです。

恐ろしいのは、親に監視されて育った子供は

そのようなアスペクトがなくても、監視する文化を

引き継ぎます。

本人は親から解放されれば自分の人生を生きられると

思うかも知れませんが、人格は関係性で

作られるものです。

親子関係は生存がかかっているので、親の様々な

資質を引き継がないことはありません。

そのようなアスペクトが無い時点で、本人の

資質ではありませんが、行動パターンを

引き継いでいるのです。

恋人やパートナーに悪質な監視を受けていると

思ったら、ホロスコープを作ってみましょう。

火星と土星のアスペクトなので、生まれ時間が

不明でもその有無は分かります。

本人に無い場合は、さり気なく両親の誕生日を

尋ねてみて下さい。

どちらかにあるかも知れません。

このような形で、本人との相性に気がかりな部分が

あれば、止めた方が無難です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。