無自覚な不安が引き起こす好きが分からないという感覚

好きが分からないタイプの人でも恋愛運は

ちゃんと訪れます。

はっきりと言えば、それらを好きが分からない

と言った理由で全部スルーすることは

後々考えるとかなりの損失です。

人の感性は、育つ時に育てなければ

どうにもならない部分があります。

sponsored link

特にホロスコープ全体を観た時に完全嗜好が

ある程度強いタイプの人は何とか損なわれた部分を

取り返そうとしますが、時期が過ぎれば

非常に歪なものになります。

あらゆる成長を阻む根本的なものは、不安です。

不安を抱えたままドライブすることは

確かにアクシデントを誘発する可能性が高くなります。

それでも、幾らかの人は、不安と戦いながら

自分でも分からない自分の気持ちとも格闘しながら

誰かと向き合うのです。

その苦労を認識した上で、恋愛を避けるならば

まだ良いかも知れません。

これは恋愛を勧める記事ではなく、人は自分の

育てた感性の中でしか生きられない現実を

前提にした提案です。

愛情を求める感性は、様々な要素と絡みあって

年齢を重ねるごとに価値が増します。

しかもその価値は死が近づくまで上昇していくのです。

重ねて書きますが、好きが分からなくても

恋愛運はあります。

全てを邪魔しているのは不安であって、本当は

好きが分からないわけではないのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。