サインとハウスで考える金運

サインとハウスで考える金運は、牡牛座のある

ハウスで考えます。

とりあえずほとんどの人たちが働いてお金を

得ていますが、金運の性質がどこで

発揮され易いかと考えると、人それぞれ

かも知れません。

牡牛座は、第2ハウスがスタンダードな位置ですが

そのような人は割合的に少ないはずです。

自分の金運の性質が宿る場所という発想で

そこを掘ってみるという発想は案外役立ちます。

牡牛座が金運を表す以上、繰り返しアプローチして

掘り続けることで、より大きな鉱脈に

当たるようになっているからです。

例えば第12ハウスが牡牛座の場合は、

先祖代々的な感覚に親しめるものが

本来の金運を誘発します。

先祖のゆかりのあるものがある土地で

何らかの優遇を受けるかも知れませんし、

父親の家系、母親の家系のどちらかの

雰囲気に似たタイプの人が豊かさのきっかけに

なるかも知れません。

第12ハウスは、一番広大な領域を担うハウス

ですから、インスピレーションがきっかけに

なるかも知れませんし、第12ハウスタイプの人が

金運のスターターになる可能性もあります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。