混乱している時の緊急な判断

自分自身が難しい状態にあると感じている場合は、

太陽と月の状態を比較してみて下さい。

本当は様々なものが複雑に絡み合って混乱し、

それが外的な要因がきっかけとなって

引っ張り出されていることが多いのですが、

恐ろしく大雑把に考えると、その大元は

太陽と月の要素に還元出来ます。

sponsored link

もう少し詳しく考えるならば、太陽と土星の

セットと月の内容を比較して考えてみます。

混乱し易いタイプの人や混乱しいる人は、

これらのセットの作り出すギャップに

はまり込んでいる可能性が高いのです。

調子が良い時や何でもない時は、その都度

自然とどちらか寄りの態度を取っていたり

適切なバランス点に着地出来ていますが

混乱している場合は、それが出来ない状態に

陥っている可能性が高いのです。

自分の中の両親が喧嘩をしているような状態です。

このような場合は、思い切って、どちらか側に

付いてみることがお勧めです。

あくまでも例えですが、第1ハウスに太陽があって

自我がとても強いのに、月は第12ハウスで

無差別に他人の影響に晒される上に、それを

自分の意思で選択出来ない場合、太陽を

選んで月が倒れるまでそのまま突っ走るか、

月を選んで休憩し、太陽に負けてもらうかすれば

一応の態度は決められます。

混乱するのは、無視出来ない相反する価値を

同時に行おうとするからです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。