それぞれのハウスの財産運

それぞれに欲しいものがあるでしょうが

所有を表すハウスは物によって異なります。

第2ハウスは、能力や金銭的なものです。

自動車やバイク(オートバイ)等の愛車は

第3ハウスです。

最近、流行のロードバイク(自転車)も

第3ハウスに含まれるでしょう。

しかし、自動車やバイク、ロードバイクの

趣味性の高いものや、通勤等に使用せずに、

遊び用であれば第5ハウスになるでしょう。

sponsored link

第5ハウスに太陽がある人にとっては、

それらが自分の理想や表現手段になる場合も

考えられます。

親から見たら子供の三輪車は第5ハウス

(おもちゃ)でしょうが、子供にとっては

移動手段かも知れません。

そうであれば子供にとっては第3ハウスです。

それらの箱となる家や土地は、不動産なので

第4ハウスの管轄になります。

愛犬や猫はペットですから、第6ハウスです。

多肉植物は地植えであれば、不動産の一部に

なる可能性があるので、その場合は第4ハウスです。

鉢植えならば、持ち運べるので第2ハウスに

入れて良いかも知れませんが微妙です。

気持ち的には、ペットに近いので第6ハウスに

近いかも知れません。

第2ハウスを強化して収入を増やすと考えても

自分自身の能力をベースにした収入です。

企業に勤めていれば、第6ハウスの状態が

重要になります。

ほとんどの人は、住宅ローン等を利用して

不動産を購入するので勤め先の会社の信用が

大切になります。

銀行が貸したい会社もあれば、そうでない

会社もあります。

そうなると属している組織の信用の問題ですから

第8ハウスのコンディションが大切になります。

遺産相続なら第8ハウスで不動産や現金が

手に入ります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。