家の住み心地(月サインの居心地)で考える幸せの本質

sponsored link

家作りと幸せの価値はとても似ています。

地震や火事等の災害に負けない家であることは

安心を求める気持ちですし、太陽光発電や

家庭内エネルギー管理システムの最新装備や

省エネ型の家電を揃えることで、購入時の

補助金や様々な優遇措置を受ける

お得感という金運の機会を求める気持ち。

実際に自分の家を所有することの安心感も

大きいと思います。

しかし、なんと言っても占星術的に言えば

家族の月にとって優しい家なのかという

視点が大切です。

優しくなければ、大金を払った家ほど後悔します。

月サインに優しい家であるのならば、賃貸でも

構わない人もいるはずです。

これは、幸せを求める気持ちとそっくりです。

何か素晴らしい物を手に入れれば幸せを

実感出来ると思いがちですが、幸せの本質は

月の居心地です。

月は気持ちだけでなく身体も含みますから

寒さ、暑さ、湿気(カビ問題)、騒音対策も

重要になります。

賃貸物件が問題になるのは、まさに

寒さ、暑さ、湿気(カビ問題)、

騒音対策等の部分です。

このような点に関して問題が起き易いので

自分の家を購入する時にちゃんとした家と

思うのですが持ち家でも賃貸でも、

本質は住み心地です。

住み心地が良ければ、持ち家に憧れるのは

また別の理由になるでしょうし、人によっては

賃貸のままでも構わないと思う人もいるでしょう。

金運等に関して言えば、それまでの家だから

良かったということもあるのです。

様々な運は複雑に絡みあって循環していますから、

どれも大切ですが、家の居心地が悪ければ

一番困ることになります。

虐待が悲惨なのは、家庭内で起こるからです。

多くの問題は第4ハウスで解決するかも知れません。

他で問題があっても家庭で回復出来れば、

再挑戦することが出来ます。

家庭のレベルは家族を回復させる力で決まります。

誰と住むかということは、もっと大切です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。