「バーフバリ」ラーナー・ダッグバーティのホロスコープ

sponsored link

大ヒットのインド映画「バーフバリ」で

暴君バラーラデーヴァを演じたラーナーさん。

東京コミコンのスペシャルゲストとして

来日が決まり、バーフバリファンは大変な

盛り上がりです。

俳優、映画プロデューサー、VFXコーディネーター

カメラマンと多くの肩書きを持つラーナーさんは

太陽サビアンが射手座23度。

射手座第5グループで、より高度なレベルに

人生をシフトアップする努力をします。

新しい環境に飛び込み全身で順応する

ことができます。

後ろを振り向かずリセットするのがうまい人です。

役者にはピッタリです。

ひたむきすぎて不器用に見えることもありますが

結局はそれが成功の早道なのかもしれません。

太陽は天王星とコンジャンクションです。

経歴が変則的になります。

どこかに帰属したりひとつの場所に

留まることを嫌うからです。

いろんな仕事にチャレンジし周囲を

驚かせるかもしれません。

sponsored link

太陽と火星、水星と火星がセクスタイルで

実務能力が高そうです。

そこに火星・土星がスクエアで

ブレーキがかかります。

若い頃はこのせいで感情の浮き沈みが

激しく苦しいでしょう。

人生の節目節目の結果を表す土星のサビアンは

蠍座23度です。

穏やかで洗練された印象。

上質なものを好み目指す理想の高さがうかがえます。

生まれ時間にもよりますが月と海王星が

トラインなら生活臭がしない人です。

さて、恋愛運が気になるところですが、

金星と火星はともに水瓶座で親密な愛情や

特別な関係になることを無意識に拒絶します。

金星と冥王星がスクエアで関係の中断が

突然起こりそうです。

前述した太陽天王星コンジャンクションも自由を

追求するため結婚には向きません。

彼を縛らない、ほどよい距離感の恋愛が

出来ればいいですね。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。