家庭の事情で人生を諦めないための相性

sponsored link

家庭の事情で夢や恋愛を諦める人は、大勢います。

それぞれの家庭には、独特の決まりや期待、

夢や希望があります。

それと同時に多かれ少なかれ指摘してはいけない

触れてはいけない闇もあります。

それらに逆らって生きて上手くいくタイプの人も

いれば、そうでないタイプの人もいます。

両極端な態度が求められているのではなく

その人に合ったバランスを取りながら、

頑張るしかありません。

どんなに逆らっても人は、親から生まれて来ます。

両親やご先祖の存在を抜きに自分を考えると

落とし穴だらけになります。

そうならない人は、恵まれている人です。

最後の最後で介護問題で挫折してしまう人もいます。

人は、一人では生きることは出来ません。

家庭が生きる基盤になります。

特に今の時代は、出生率の関係で、孤独死は

相当増加するでしょう。

たとえいつか一人になたっとしても最期まで

幸せに暮らすためには、一人暮らしであっても

自分の部屋が家庭と思えるような愛着が必要です。

sponsored link

金星期にあるような10代後半から20代前半の

方々の恋愛が両親の作った家庭や愛情の影響が

恋愛に反映されるように、自立と同時に自分の

無理のない範囲で第4ハウスという家庭を

少しずつ良くしていくことが、全ての

運の底上げに繋がっていきます。

やはり決定的になるのはパートナーを

選択する時の判断の仕方です。

パートナー候補の人の社会的な条件で、自分自身の

内面や価値観を補強しようとするような選び方を

している人は、その分後々後悔したり、

意味の無い選択基準であったことに気が付きます。

自分の心の弱さは相手の持っている価値では

補えません。

肯定的な言い方をすれば、自分という存在が

相手にとって特別になるような相手であることが

必要になります。

これはお互いにそうですし、何か特別なことを

するからというわけでもありません。

これは自分たちで新たに家庭を作って

再び育ち始めるために必要な相性です。

パートナーについて自分の弱さを補強するような

観点で選択すると、二人共育たなくなります。

逆にパートナーの選択の仕方で、その人が自分の何を

伸ばそうとしているか考えることが出来るという

側面もあるわけです。

相性は、個人の資質だけで決まるものでは

ありません。

それぞれが背後にある様々な質の愛情の上に

積み上げられていくものです。

女性であれば、第5ハウスに太陽があれば

「もてる・異性に縁がある」ような見方もありますが、

そこに月があった場合は、どうでしょう。

パートナーの第5ハウスにも主要な天体があれば

アスペクトがなくても相互理解はし易い

傾向があります。

遊びや創作的、創造性を発揮することで

伸びていき易いのです。

これが自分一人であれば、それ以上成長出来なかった

ことでも、更に前に進める場合もあります。

このような考え方や見方は、ホロスコープ全体の

バランスもありますし、そのハウスだけに

限ったとしてもサインの相性もあります。

その相性が悪くても、パートナーのどちらかが

太陽や月のどちらかと第5ハウスにある天体と

スクエアのアスペクトを抱えていて、自分一人で

伸ばせない時に、パートナーが理解を示して

くれることで、大きく踏み出せる場合もあるのです。

この辺りになると単純な話ではないので、誰かに

ちゃんと観てもらうのもお勧めです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。