自分を育てて恋愛運をあげるイマジネーションの扱い方

sponsored link

幸せになるため何を重視したら良いのかと

悩むことがあるかも知れません。

様々なことを考えると第4ハウス推しというか、

IC、家庭運推しという結論で落ち着いてきました。

家庭の原動力は、キッチンです。

様々な好みがありますが、明るくて

清潔感が感じられるホワイトキッチンは、

とても魅力的です。

その魅力を何倍にもするのが、雑貨の使い方です。

これは、ホワイトキッチンに限らず、台所全般に

(もしかしたら他の部屋も)言えることなのですが、

ある程度トーンを揃えた雰囲気で、清潔感を

出して、寂しくなり過ぎないように、

楽しくなるように、温かみが増すように、

その時々で変化を作るのは、雑貨を初めとした

インテリア部分になります。

sponsored link

自分で自分自身の第4ハウス育て直す時も

まったく同じです。

第4ハウスが豊かになれば、あらゆる運が

少しずつ良くなっていきます。

特に第4ハウスで育つ気持ちを表現することで

成り立つ恋愛運に直結します。

太陽サインと月サインが作り出す基本的なトーンを

理解してベースにします。

その上で金星をどのように配置するかです。

自分の家や部屋を使って具体的にイメージを

投影してみても良いかも知れません。

自分の太陽と月が作り出す空間にどれくらい

金星の持つ楽しみを配置できるか想像するのです。

家や部屋も綺麗に整いますし、イメージも膨らんで

一石二鳥です。

楽しみたい時に何を置くか。

どのようなアクションを入れるのか。

気持ちを温めたい時に何をどれくらい置くのか。

どのような行動を入れるのか。

幾つかのパターンを柔軟に使いこなすことで

しっかりとした家庭になります。

家庭には、夫と妻がいると安定します。

太陽サインと月サインは、ホロスコープの

夫と妻です。

そのような視点で自分のホロスコープを

理解してみると新しい発見があるかも知れません。

もう一つの家庭の作り方は、土星を父親

木星を母親、火星を自分(子供)と考えることです。

これは、自分自身を育て直す時のホロスコープの

使い方です。

自分自身を育て直すことで、様々な可能性を

高めることが出来ます。

土星サインと木星サインが作り出す空間の中で

火星という子供の自分がどれくらい振る舞えるのか

イマジネーションを広げてみるのです。

ハウスと支配星の動きやアスペクトで

エネルギーの流れを辿るのも悪くはありませんが、

イマジネーションを広げる時には、理解しようと

するよりも、それぞれのサインの度数くらいまでを

考慮したサビアン度数くらいを頭にいれるぐらいで

思い浮かぶことを大切にすることがお勧めです。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。