12年前の虐待死で逮捕

約12年前に生後11ヶ月の赤ちゃんを

壁に投げつけて殺害したとして

堀田伸輔容疑者が逮捕されました。

sponsored link

虐待は、家庭内の闇として幸不幸に

大きく関わる問題なので、姓名判断だけでも

やっていますが、今回は12年前の虐待死で

逮捕ということに「?」と感じたので

観てしまったのが正直なところです。

何故、今頃、逮捕に繋がるのか非常に不思議です。

赤ちゃんは荼毘にふされたでしょうし、

残っていたカルテやレントゲンで

逮捕したのでしょうか。

それにしても、事件当時は複数の専門家の

意見は聞かなかったのか・・・色々と

ひっかかる部分が多い事件報道です。

さて、堀田伸輔容疑者の名前ですが、総画37画で

頑固と言えば頑固ですが、本来大吉とされる画数です。

名前の五行が、土・木・木と自分自身が実家を

傷付けるような配置になっています。

転じて家庭に不満を抱き易いタイプです。

その不満を利用して仕事や生き方に

前向きに向けることも不可能ではないのですが、

人格の12画が、やりぬくだけの強さを

感じさせないもので、良く言えば優しいのです。

不満が11ヶ月の赤ん坊に向けられたという

ことでしょうか。

sponsored link

この雰囲気で気になるのが外格で、事件を

起こし易い25画です。

本来吉数ですが、自分のやりたいことに対して

抑えが利かない画数です。

ある種の偏りをセンス、実行力とする良さが

あるのですが、我がままの方が出たのでしょう。

家庭で不満を抱き易い土・木・木の相性の天格木性の

16画と外格は、呼応するものがあります

(両方とも足して7)。

総画数の37画の自分の我を通す性格と

合わせて考えると、自分自身の利益になる相手を

求める外格という感じになります。

同じ数字や同系の数字ではないので、

強くは出ないはずです。

その利益は、不満を解消してくれる何かです。

人格、地格と木性なのに外格も土性ですから

人間関係から奪い取ることになります。

赤ちゃんが邪魔臭くなって勢いで叩き付けた

といったところでしょうか。

このような名前は、最初の印象は知り合いも

多そうでそんなに悪い感じではないのでしょうが

自分自身の利益で人間関係を考える流れがあるので

注意が必要でしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。