羽生結弦選手の姓名判断

sponsored link

今季世界最高得点でGP初戦で優勝した

羽生結弦選手を通して占星術で

考える星の影響とその受け皿としての

姓名判断に付いて書いています。

羽生結弦選手の名前は、総画数は31画で

自分を厳しくコントロールして能力を

高めていく吉数です。

ところが、天格(苗字)、

人格(苗字と名前の繋ぎ目)、

地格(名前)の五行の相性は、とても不安定です。

例えば羽生結弦選手みたいな子供に

育てたいと考えた場合、天格と人格の関係で

考えますが、木性と金性の組み合わせですから

その子供は、大変な努力が求められます。

余程、我慢強く頑張れる子供でなければ

耐えられない並びです。

これまでの羽生結弦選手の実績を考えると

羽生結弦選手だから、頑張り通すことが

出来たとしか言いようのないレベルです。

人格の金性と地画の水性は、一見良さげですが

とても不安定で、アイデンティティを

保つポイントが非常に狭い一点であることが

窺えます。

羽生結弦選手の本来の性質を示す「結弦」の

20画部分から、自分の信念に対して

寄り添っていくことになりますが、

これは自然体でいればバラバラな自分を

容器にいれて形になった状態を維持し続けることで

自分の意思との接点に繋がる離れ業です。

羽生結弦選手だから、非常に狭いポイントに

立って尚且つ、天才的な実績を残せるとしか

言いようがありません。

sponsored link

もう一つ、地格は、恋愛傾向が読めますが

愛するよりも愛されたいキャラクターです。

羽生結弦選手の金星は蠍座なので、深い情愛で

包んでくれるタイプの人が好みということと

呼応するような関係になっています。

外格の14画は、自分だけの生活ルーティンの中に

閉じこもりがちな大人しい対人傾向を示します。

これは、周囲の環境が許してくれるのであれば

自分のペースでの努力の集中出来ます。

普通の人であれば、他人との交際が邪魔になって

振り回される可能性が高くなります。

羽生結弦選手だから、使いこなせる名前という

言い方が出来るかも知れません。

羽生結弦選手は、生まれ時間が分からないので

微妙なところは何とも言えませんが、

誕生日の12時計算のホロスコープと名前を

合わせて考えると、占星術な要素と羽生結弦選手は、

非常に繊細なもので繋がっている感じです。

狭いポイントに自分を全力で捻じ込んでいくような

生き方は、ストライクゾーンがとても限られた

範囲で、天才でないとやはり無理でしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。