平凡でも成功出来る理由

sponsored link

個人の中には、天体等の感受点やアスペクトが

作り出す性質が基盤になって、幾つかの

キャラクターがあるように見えます。

運勢は、それぞれのキャラクターが織りなす

一種の作品みたいなものです。

知識として、それぞれを考えることが出来ても

それぞれのキャラクターが結び付いて

出来上がる全体は、脚本家や監督の努力で

いくらでも変化します。

創りたい作品が同じで、出演するキャラクターも

毎回同じでも、脚本や監督で、その出来映えは

かなり違います。

その作品の中に金運も仕事運、恋愛運、愛情運

健康運、家族運、あらゆるものが詰まっています。

一つの運だけで、作品は動きません。

同じ目的と能力があっても、資金力の差で

結果が変わります。

結果が同じであれば、努力の量が違った

ということでしょう。

もしかしたら、健康運の違いで豊富な資金力が

チャラになったかも知れません。

金運が良ければ恋愛運にも有利です。

それぞれの運の強弱で様々な展開があります。

自分の中にある、品の良くないキャラクターも

ピンチを乗り越える時は有利かも知れません。

しかし、そのようなキャラが出番の順番を

間違えると全てを失う時もあります。

sponsored link

それぞれのキャラクターが平凡であっても

脚本や監督が良ければ素晴らしい作品に

なることが出来ますから、個々の能力だけで

自分の可能性を判断したら駄目です。

そして年齢域ごとに作品を作る機会が

あるかも知れません。

大きな視点では、進行の月が27・8年で

サインが変化します。

努力に関しては、時間のサイクルを他の基準で

もっと短く設定するとフィードバック出来ます。

大きな視点で考えると、今は第何章くらいかな

という考え方も出来ます。

他人に相談するとしたら、脚本や演出部分です。

それぞれのキャラクターは、自分の努力で

磨くしかありません。

磨き方を他人から学ぶという考え方もあります。

自分の中に住んでいるキャラクターを変えることは

出来ませんが、脚本家や監督が頑張ることで

運勢を良くすることは可能です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。