魚座のあるハウスを使って再現性のある癒しを作る視点

sponsored link

この記事は、根本的に自分を癒す方法の見つけ方 

のリメイク記事です。

個人的な意識と無意識の接点を省いてあります。

日本がどれくらい病んでいるかということを

考えると癒しこそが目標になるかも知れません。

「安らぎの中で眠ることが出来るのなら、

どんな努力だってする」と言った人もいました。

なぜ現代の日本で、そんなに切羽詰まるのか

その当時は上手く理解出来ませんでしたが、

統計を操作しなければ、年間の自殺者数

10万人いるとも言われるこの国は、本当は

極端に生き辛い国なのでしょう。

弱者に負担を押し付けていくからこそ

それだけの自殺者数が発生するのです。

辛い状況があまりにも続くと、自分がこの世に

いないような感覚に陥ります。

理由が分からないのにとても苦しい時は、

自分の意識から自分が剥がれ落ちそうに

なっているのです。

ほとんどが千切れてしまうと、自分の言動を

意識でコントロールすることが不可能に

なってしまいますが、命が続いている以上、

無意識は自分の状況は把握し続けています。

その時に無意識がしていることは、根本的な

感情の整理整頓みたいなものです。

働きが弱ってしまった意識とストレスで

痛めつけられた気持ちは、意識的な繋がりを

OFFにすることで、根底から把握し直します。

ある意味、これは究極の癒しですが、

日常生活は完全に止まってしまいますし、

現実に自分に起こっていることに対して

責任が持てません。

魚座は時間意識も空間意識も捨て去ろうとします。

これは、ある意味で究極の癒しと同じです。

自分自身の魚座のサインがあるハウスを

有効利用して再現性のある癒しを確立して下さい。

人それぞれ、魚座の状態は違いますから、

自分で分かり難い場合は詳しい人に聞くことを

お勧めします。

魚座の支配星は、海王星ですから、海王星の

あるハウス、アスペクトも参考になります。

魚座の支配星の精神的な部分は海王星に

出ますが、実際的な面は、副支配星の木星に

表れるので、分けて考えると理解し易くなります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!