女子高生に体液をかけた京都府教育委員会指導主事

sponsored link

京都府の教育委員会の指導主事が、女子高生に

体液をかけるという事件が起きました。

教育関係者は、このような事件を起こすことが

多い傾向にありますが、教育委員会の

学校教育課の指導主事が、このようなことを

するのですから大変です。

平田匡嘉容疑者は、総画数が30画なので、

自分自身を安定させるのに苦労する

タイプではありますが、人格11画の理性を

駆使して、仕事は几帳面に頑張ってきた

かも知れません。

しかし地格である名前は20画ですから、

きっちりと頑張ることのストレスを衝動的に

発散したくなったのかも知れません。

地格の20画は、恋愛運も表しますが、

一目ぼれし易いというか、好みだと感じた時に

湧き上がる衝動を強く感じる傾向があります。

生年月日が分からないので、金星や火星の

サインが不明ですが、金星サインが示す

好みのタイプに対して、火星サインが飛び付いた

ということでしょう。

外格は、19画なので人間関係が苦手な傾向が

窺えますが、それだけではなく、火星と

土星がアスペクトを作るような制限された行動が

路上で獲物を狙うようなことになる

のかも知れません。

好みの女性にアプローチする手段しては、

あまりにも的外れであり、犯罪です。

天格・人格・地格の五行の流れは、水木水と

一見良さげですが、下半身に弱さを抱え易く

なる配置なのも偶然とは思えない事件です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!