土星サインで考える羽生結弦選手の危険な純粋性

sponsored link

羽生結弦選手が、SP世界最高得点で

首位に立っています。

いつも、凄まじいまでの向上心を

見せてくれますが、そのモチベーションの

置き方が普通の人と違うのは、土星の

サビアン度数が魚座7度だからかも知れません。

生まれ時間が不明であっても、土星の

サビアン度数は、変わらないのが良いところです。

この度数は、自分自身が信じていることに

言葉通り命をかけます。

魚座ですから、そもそもが自己犠牲的な

資質を秘めていて、特にこの7度は、

自分自身を失いそうになる瀬戸際で、

スイッチが入りますから、それまでの

限界を超えられなければ意味がありません。

ただ安全に勝つだけでは、良しとしないのです。

土星サインの内容は、その人の理想の

落としどころになります。

羽生結弦選手のように太陽サインに射手座を

持った選手は、それなりにいるのですが、

その着地点が自分の限界を超えるところが

羽生結弦選手の強みかも知れません。

一つ憂慮する点があるとすれば、

羽生結弦選手の土星は、水星、金星との

コンビネーションが出来ていて、土性的な

価値をとても純粋に捉えていることが窺えます。

土星だけでも、命懸けなのに、そこに更に

純粋な思いが乗って行くことで、常に

必要以上の負担を自分に強いるでしょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!