京都市のスーパー女性刺傷事件について

sponsored link

京都市左京区のスーパー「イズミヤ高野店」で、

女性店員がいきなり刺されるという

事件が起きました。

被害者の方の速やかな回復をお祈り致します。

藤井裕幸容疑者の総画数は、46画で、

基本的に凶数になります。

総画数は、人生全般の大きな傾向を作るので

ここが46画というのは、大変です。

基本的に凶数というのは、望みが叶うなら

努力自体を嫌うわけではない数字だからです。

やれば出来る要素もある名前です。

ただ自分の意思を引くことが出来ないので

社会的に落ち着くのは大変です。

藤井裕幸容疑者は、天格(苗字)と人格

(苗字と名前の繋がっている部分)の五行は

土性と金性と相性しており、やり方次第では

何かしら社会的に上手くいくことは、

名前だけなら可能だったはずです。

人格と地格の五行が金性と木性で本来の

自分を傷付けるような側面がありますが、

これは、有益な部分がないわけではなく

全体的に通してみても、土・金・木の

五行の流れで、全てが吉格ですから、

自分を生かすことは不可能ではない名前です。

このような場合は、生年月日を観ないと

何とも言えせんが、自分の意思の強さを

実現するだけのエネルギーに恵まれなかった

可能性が高いです。

外格も29画で自分流で行動するタイプで

他人と仲良くして目標を達成するタイプでは

ないのにエネルギー不足であれば、

その意思は挫折します。

どのような理由で、人格金性と地格木性なのか

そこに答えが隠れています。

この組合せは、人の好き嫌いが強く出る

傾向があります。

加えて元々の性格のプライドが高いのと強い行動力

である外格29画と結び付いたのでしょう。

藤井裕幸容疑者の名前から、動機を考えると

何らかの副作用でもない限り、被害者に対して

身勝手に腹を立てた可能性があります。

sponsored link
コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!