収入を増やす占星術的なコツ

sponsored link

お金が欲しいと思い悩むタイプの人で、一番

多いのは、自分に対して収入を増やすことを

許可していないタイプです。

「えっ?」と思われるかも知れませんが、

欲しいと思っただけでお金は増えません。

収入を増やしたいからと言って、お金のことばかり

考えて何とかなるのは、第2ハウスの支配星が

第2ハウスに入る人だけかも知れません。

しかしながら、収入を増やすためには、仕事を

しないといけませんから、生き方と大きな

関わりがあります。

収入が増えるのであれば、どんな仕事でも

構わないという人もいるかも知れませんが、

やはり仕事や職種に好みがあるはずです。

それは働くことと生きることは、かなり

密接にリンクしているからです。

そうなると、第2ハウス、第6ハウス、第10ハウス

というような能力や職業の適正の前に

太陽サインが示すような生き方が問題になります。

例えば、太陽が第5ハウスにあれば、創造性を

発揮出来たり、もっと率直に言えば、遊べなければ

仕事のモチベーションも上がりません。

極端な言い方をすれば、仕事運あげるためには、

収入を増やすためには、今までよりも遊ばなければ

いけないという考え方になります。

どのように遊ぶかは別問題ですが、収入を増やす

のならば、それに関わる他のポイントも

平均してあげていかなければならないのです。

全てを変えていきますから、面倒と言えば

面倒ですが、収入が増えるということは、

そのような状態を指しているという

言い方も出来ます。

要は自分のホロスコープのスイッチになる部分を

押してあげれば良いのです。

意識的には、収入を増やすことを自分に許可する

ことになります。

お金を得ることを禁止している状態で、お金を

欲しがっても収入は増えません。

第2ハウス・第6ハウス・第10ハウスを

考えるのは、その後の問題です。

まずは、自分自身に収入を増やす許可を

与えましょう。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。
error: Content is protected !!