高千穂殺人事件について

sponsored link

宮崎県高千穂町で非常にショッキングな

殺人事件が起こりました。

橋から飛び降りた飯干昌大さんの姓名判断に

付いて書いています。

亡くなった方で、殺害されたのではなく

自殺された方は、飯干昌大さんだけです。

苗字の飯干は、旧漢字で16画です。

苗字の最後と名前の上の部分である人格は

11画です。

名前(人格)昌大の部分は11画です。

苗字の「飯」と名前の「大」を足したものが

外格です。

名前は地画になります。

目次

姓名判断のポイント1(総画数)

姓名判断のポイント2(人格と地格)

姓名判断のポイント3(五行のバランス)

姓名判断のポイント4(外格)

姓名判断のポイント5(飯干昌大さんの秘めた性格)

sponsored link

姓名判断のポイント1(総画数)

以上の総画数は、27画です。

以前も書きましたが、27画は様々なことに

怒りを感じ易い人が多い傾向があります。

あるレベルまでは、理屈を通そうとしますが

その人の持っている理屈を超えると

激怒するタイプです。

それは、皆同じと思われるかも知れませんが、

27画の人は、独特の理屈っぽさがあります。

姓名判断のポイント2(人格と地格)

人格は、個人の判断力を司るような内面の

性質を表します。

飯干昌大さんの人格の11画は、プライドが高く、

これが傷付くと激怒します。

地格は、本人の生まれ持った気質や恋愛や

家庭、健康について観る部分です。

飯干昌大さんは、地格も11画です。

努力家で、自分のプライドが満たされていれば

基本的に優しい性格です。

プライドが高いというよりも、繊細な部分を

傷付けられると激怒する場合があります。

姓名判断のポイント3(五行のバランス)

苗字の飯干は、「土」。

人格の干昌の部分は、「木」。

地格の昌大の部分は、「木」。

上から「土・木・木」になります。

これは飯干という家に対して不満を

抱き易い組合せになります。

人格と地格だけを観ると穏やかな性質ですが、

それが飯干の家では生かせないのです。

しかも、自分自身が傷付ける側になります。

木が土を傷付ける考えます。

上に太い赤い色で書いた激怒するという要素が

重なって飯干家に向けられることになります。

姓名判断のポイント4(外格)

外格は16画で、本来は、吉数ですが、

16画には、他からエネルギーを奪う傾向も

あります。

普通は、その対象が命ということはないのですが、

今回の事件では、そのようなことになるでしょう。

姓名判断のポイント5(飯干昌大さんの秘めた性格)

総画数、人格、地格の全てがあるラインを

超えると激怒する性質があり、それらが全て

重なるように配置されています。

しかも、怒りが溜まってから放出されるタイプです。

激情とも言える怒りの感情の蓄積と放出の

繰り返しの中で、今回の事件になってしまったと

思われますが、もしかしたら怒りの最中に

飯干昌大さんの意図しないアクシデントが

発生し、それが引き金となって、第2の激情が

生まれることで無理心中的な行動に出たのかも

知れないと想像します。

sponsored link
error: Content is protected !!