亡くなった老人の遺留金を横領した高山市職員と孤独死問題

この記事のポイント

姓名判断的に、誘惑に引っかかり易い

タイプの名前です。

sponsored link

岐阜県高山市の職員である富本成結容疑者が

亡くなった88歳の男性の遺留金約870万円を

横領したとして逮捕されました。

これは、単なる職務上の横領ではなく、すでに

深刻化している孤独死の問題と大きく関係する

ことで、少しでもそのような視点が広まることを

願って書いています。

自分自身は亡くなるわけですから、死後のことは

どうしようもありませんが、最期の始末を横領

されるのではなく、自分自身の思想信条に従って

寄付する遺言を誰かに託していても良いですし、

前向きな意味で綺麗にしておきたいものです。

余罪の可能性も否定できないと思われる事案です。

富本成結容疑者についての姓名判断です。

総画数は、36画です。

天格は、17画で五行は金性です。

人格は、12画で木性です。

地格は、19画で水性です。

sponsored link

総画数の36画は、変動が多くなります。

このような名前の人は、五行の全てが

相性していれば、安定性の高い生き方よりも

かえって不安定な状態の方が落ち着きます。

普通に名前を観た時に、天格、人格、地格の

五行が金木水との並びで葛藤が多く安定感が

ないことも総画数と同じですが、今回のように

自分の意思で変動要因を作っている場合は、

生まれ付きの資質を表す地格と総画数の

相性を考えます。

総画数の36画は土性です。

これに対して地格は、水性ですから、能動的に

なること自体が、運を不安定にさせます。

富本成結容疑者は、五行がバラバラですから

安定した職業が合っています。

自分から能動的に動かなくても、内面が

不安定なのです。

そして、今回の事件に繋がるポイントとしては、

36画と19画の組合せは、簡単に誘いに

釣られ易い性質があります。

36画は、不安定と書きましたが、それは

自由という意味でもあります。

この自由さは、行動の自由というよりも

感情面の自由さです。

感情が暴発し易いとも言えます。

19画は、本来クールなのですが、実は

孤独に苦しむ部分もあります。

そのような気持ちと抑えの難しさが

結び付くと、目の前のチャンスに

飛び付き易くなるのです。

このような内面まで考えて配属されることは

ないのですが、人事ミスでしょう。

目の前にこのような状況が無ければ

少なくとも横領はしなかったと考えます。

sponsored link
error: Content is protected !!