何らかの事情で深く傷ついた人が幸運になるために試して欲しいこと

sponsored link

占星術に関係なく幸運を高める方法について 書いています。 占星術というツールに馴染めない人も多く いらっしゃると思うので、占星術抜きの場合に ついての記述です。 今の自分から、変れたら良いなという余裕も なくなり、このままで死にたくないと 思い始めるような段階になると、自分を 閉じ込めている考え方を、自分の中心に 据え直す必要があります。 幼児期の虐待を初め、様々な困難な事情の中で 人はいつしか自分の考えで自分を囲い込んでしまい 身動きが出来なくなります。 かと言って、これを安易に破壊したり、放棄すれば 自分の支えを失うので非常に危険です。 自分を囲い込んでいる言葉たちも、自分を守る 壁として積み重ねられた大切なものです。 しかし、理由はともあれ楽しく生きられない タイプの人は、その言葉を自分の中心に置かずに 周囲に置いてしまいます。 その結果、身動きが取れなくなり苦しくなってしまう のですが、厄介なことにこれが間違いでもない ということです。 森を見れば理解出来ますが、森は自分を守るために 森とその他のエリアの境界に、相応しい木々や 植物を育てます。 それは森を守る第1の境界地帯を形成します。 何らかの事情で深く傷ついた人が自分を守るために 集める言葉や考え方がこれに当たります。 この位置は、他人から侵入を拒むためのエリアです。 ここに様々なものを集めすぎると、幸運も 入って来ることが出来ません。 恋愛運も仕事運も金運までもガードして しまうのです。 森は能動的に動けませんが、人の半分は能動的に 生きれる構成になっていますから、自分自身を 守るため、支えるために集めて来たものを 中心に置き直すことが出来ます。 自分を支えるものを少なくとも中心に置けば 手も足も自由になります。 動ければ運が動きます。 自由に動ければ、苦しい状態から逃れることが 出来ます。 解決方法を求めることも可能になります。 では、どうやって自分の中身を中心に寄せるのか と言うと、気付きです。 「えっ」と思われるかも知れませんが、この記事を 読んで頂けているということは出会いです。 最後まで読んで頂いたのであれば、「もしかしたら」 と思ってくださった方もいらっしゃるかも知れません。 気付きは自発的にしか起こりません。 肉体は外圧で動きますが、内面は本人の気付きでしか 動かないのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする