12サイン別、自由度を上げる方法

sponsored link

他人に対する姿勢について大まかに二つあります。 他人を支配したいタイプと自由に動きたいタイプです。 どちらかのタイプが良いということではなく、 自分自身のタイプによって、自分の行動規範を 肯定的に見出すことが大切です。 全くルール無用で生きられる人はいませんから、 バランスの問題になりますが、生活の中でどれくらい 他人のルールに行動を縛られるかという バランスの問題になります。 これを肯定的に意識するとひたすら実行する時間が 増えるので物事が片付き易く自由な時間が増えます。 もっと正確に言えば自由な意識が増えるのです。 ですから組織にいても自由な人は自由です。 一人で好きにやれる立場にいても不自由な人は 不自由です。 本当はタイプや形は関係ありませんが、自分の タイプバランスを肯定的に意識することで 行動の展開が数段早くなるのです。 個人的には、受け入れられませんが、論理的には 囚われの身であっても限りなく自由でいられます。 日常生活レベルの自由は、月サインで身体的自由を 考えます。 牡羊座であれば閃きとシンクロ出来るところに自由があります。 牡牛座であれば自分の好きなものに触れられるかが大切です。 双子座であれば思ったことを口にしたり、 出来ることが大切です。 蟹座であれば、安心感を作り出す自由があります。 作れなければ不自由に感じるということです。 獅子座であれば、自分の気持ちを表現できることが大切です。 乙女座であれば形に自由があります。 それは自分で自分をデザインする必要が あるという意味になります。 天秤座であれば居心地の良さが大切です。 蠍座であれば自分を隠すことに自由があります。 射手座は気の赴くまま動けることが大切です。 山羊座であれば他人よりも優位に立てることが 自由になります。 水瓶座であれば、感情に囚われないことが 自由を生み出します。 魚座は気持ちに対して自由になります。 他人からはルーズに見えるかも知れませんが それは魚座の世界が見えないからです。 しかし、現実は整えないと損か得かと言えば 損をしてしまう自由になります。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする