成功を促す様々な心理的ノウハウの向き不向きについて

 

sponsored link
 

人生が急激に変化するという考え方を 強調するタイプの人で、太陽と冥王星の スクエアを持っている場合があります。 冥王星によって太陽が表す自分の意思を 急激に曲げられるわけですから、その衝撃は 大変なものでしょうし、そのような影響を 実際に生かし切れる人は、そう多くありません。 そのような太陽と冥王星のスクエアに 土星が加わると、とても強い制限を自分自身に 課すようになります。 太陽ですから、その人の推し進める価値観に なり易く、太陽サインの内容によっては、 他人の人生を急激に変化させようと 尽力するような仕事を選択します。 問題はここからです。 アドバイスする側のバックボーンについて アドバイスされる側も理解していれば良いのですが、 そのような方法が唯一絶対のように考えると、 急激な変化が生み出す反動に苦しむことになります。 急激な変化に耐えられるタイプの人の方が 少ないかも知れません。 確かに成功を促す様々な心理的ノウハウは ありますが、それが一つの方法論であっても 何もかも信じてしまうのはかなり危険です。 効果を得ることだけに注目せずに、本当に 自分自身の性質を損なわずに達成出来る手段なのか 他の方法と比較検討することが大切です。 幸せの実感をつかむ方法は個性の数だけあります。 自分自身がその手段を選択することで 心理的負担が、どれくらい増えるのかという観点は とても大切ですし、大きな変化を望むタイプの人は、 不安定さを抱え易い側面があります。 本当に強くなる人は、何らかの形で昨日よりも 少しでも進歩出来れば喜べるタイプの人です。 願わくば、日々の小さな進化に集中出来るような 方法論を大切にしたやり方が良いかも知れません。 しかし、それもやはり本人の選択次第であって 絶対ではありません。 起こり得る反動が許容範囲であれば、やらなければ ならないこともあるでしょう。 それもまた現実です。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!