ホロスコープを用いたキーワード成功術

sponsored link

ホロスコープを使った無理のない成長の仕方の一つに 各天体のサインやアスペクトから拾い出した キーワードを育てるというやり方があります。 例えば、全日本選手権で初優勝が期待される フィギュアスケートの紀平梨花選手は、 火星獅子座です。 オリンピック2連覇の羽生結弦選手も 火星獅子座です。 このようなことを知っていて、尚且つ 火星獅子座の人でフィギュアスケートが 好きであれば、フィギュアスケートという キーワードを選択しても良いかも知れません。 火星ですから、取り組むキーワードに限定される わけではなく、アスペクトによっては観客としてでも 良いでしょうし、取材する側に回っても良いかも 知れません。 ダンスや演劇もキーワードになるでしょう。 火星獅子座だからという理由でのキーワードの 取り出し方は、占星術を通した形になりますが、 それを実際にどのように育てていくかは、 本人次第です。 トランスサタニアンは、個人の範疇に置かなくても 良いと思いますが、アセンダントやMC、 ドラゴンヘッドやテイルまで入れたり、天体が 集合しているハウスや力強いアスペクト等々 拾っていくと、かなりのキーワードが現れます。 日常生活の中でそれらに反応出来るような自分を 育てていくと次第に幸運が巻き付く芯が 太くなります。 そして、それらの複数のキーワードがイメージとして 自分の中で上手くまとまってくると、自分自身を 俯瞰出来るかも知れませんし、状況によって 臨機応変にキーワードの順番を置き替えることで 適応力も増すかも知れません。 単なる占星術的情報を自分自身の知識と 掛け合わすことで生まれるキーワードは、 ちゃんと育てていければ、それこそ自分だけの 幸運のシステムになり得るのです。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする