幸運職人

sponsored link
 

幸運の作り方で、効率に良い発想は、 自分自身を幸運作りの職人だと考えることです。 毎日を普通に生きている人間にとって、幸運は 決して特別なことではありません。 小さなご褒美みたいなものです。 そのような積み重ねがより大きな幸運に なる瞬間もあるかも知れませんが、そんなものを 期待して待っているのは暇なことです。 自分が好きな方向性に向かいながら 少しずつ、でも確実に歩みを進めるところに 幸運はあります。 それは、やたらと頑張らないとどうにもならないような 難解なものでは決してありませんし、恐ろしく 頭が良くないと見つけられないものでもありません。 なぜなら日常生活の中のことですから、そんな ややこしいことではなく、常に自分の好きなものに 対してアンテナを向けながら、自分のメインとなる 場所に少しでも、その好きを入れていく作業を していくだけです。 日用品が補充しても、日々の暮らしでいつの間にか 無くなっていくように、日々の楽しみ、好きなことも 常に補充しないとなくなります。 そのような日常的な楽しみこそ、自分の好きが たくさん反映されたものであることが大切です。 それでいてより好きな方向に向かっている感覚も とても重要です。 単なる繰り返しにしてしまったら、恐ろしく 退屈になって、その場限りの刺激を探すようになります。 しかし、それは自分では作れませんから、必ず 道を誤ってしまいます。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!