坂本花織選手優勝と他選手との違い

sponsored link

女子フィギュアスケートの全日本選手権は、 坂本花織選手が逆転して初優勝しました。 おめでとうございます。 表彰台に上がった、坂本花織選手、 紀平梨花選手、宮原知子選手の土星に注目すると 非常に興味深いものがあります。 土星は、着氷や回転不足等の一つ一つの演技の 終わりをきっちり評価されるフィギュアスケートに とって、かなり重要なポイントです。 宮原知子選手は、「宮原知子選手の価値ある3位」に 書きましたが、宮原知子選手の土星に、運行する 冥王星がスクエアを形成していて、かなりの プレッシャーが窺えました。 恐らく、自覚しようとしまいと、これまでにない プレッシャーを感じていたと思います。 フリーで高得点を出した紀平梨花選手の土星は 運行する火星が土星とスクエアでした。 これはSPの時の靴の調整に象徴されるような アクシデントを示すものです。 そして、初優勝した坂本花織選手の土星は 運行する金星とオポジションです。 恋愛関係においては、何かしら問題が 発生しかねない配置になりますが、この配置で 今回のようにフィギュアスケートの試合であれば、 こうしたらより美しく演技できるのでは?と 言ったような考え方に応用が利かないことも ありません。 様々な意味で、強味の違う3選手の結果を 分けたポイントとして、占星術的には 土星は見逃せないかも知れません。

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする